新着情報

製造業のQCサークル活動の進め方:時代にマッチした問題解決型/課題達成型活動

2019.11.11

No86%20expla

QCサークル活動(小集団活動)とは一体どのような活動を指すでしょうか?
特に中小企業にとって今後の生き残りの手段として、現場の生産性向上・品質改善など、自主的な改善を期待する経営者は多いと思います。ただ、現場の主体性に期待するだけでは、改善活動は盛り上がりません。活動の停滞、形骸化の主な原因は、経営者と管理者にあると言えます。

企業として、3年後、5年後にこうありたい、この目標に到達したいという方向性が明確になっていなければ、問題意識も各部署、各社員バラバラでり、結局のところ「整理整頓」や小手先の改善でお茶を濁すことになってしまいます。

まず経営者は会社全体の方向性を示し、そのうえでそれに向って、各職場でまたは各個人で何をしなければならないかをよく考えさせて、それを改善活動に結び付けて行くように仕向けることが重要となります。

【解説記事】
第一章 今までのQCサークル活動の問題点

第二章 新しい攻めのQCサークル活動の提案

【キーワード解説】
 ★QCサークル活動【】【 ★攻めの改善活動【
 ★工場の3つの改善活動形態【 ★改善活動の停滞する理由【1】
 ★改善活動の形骸化【 ★QCストーリー【
 ★生産現場の問題解決【】【】【 ★負担の少ない改善活動【
 ★改善活動による人材育成【 ★STPDサイクル【
 ★PDCAサイクル【

ページトップ