新着情報

製造工程の品質検査方式:製造業の品質向上対策事例
高崎ものづくり技術研究所

2019.10.23

【解説記事】
 ★目視検査の見逃し対策:周辺視検査法に着目した全数検査
【キーワード解説】
検査の目的は、不良品を絶対に社外に流出させないことです。
もう一つの目的として、工程の5Mの管理項目(人、機械、材料、手順、測定)
がそのルール通り、守られているかどうかを確認することです。多品種少量生産
の工場では、人が主体となって判断し、作業を行うため、ルールに沿った正しい
作業が行われていることを確認することがより重要となっています。
最近は、画像処理技術が進展し、機械による検査装置の導入が進んでいます。
しかし、機械にも一長一短があり、すべてを機械に置き換えることは難しいと
考えられ、ヒトによる検査との共存が図られています。

そこで、最適な検査方式の組み合わせを設計する必要が生じており、製造工程
のポイント、ポイントで必要な検査を組み込んだQC工程図を作成する必要が
あります。

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg
モグラたたき.JPG

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!

  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg
全数検査.jpg
 
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。
 ★無料:ネット相談フォーム

  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!

   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
  ・電子機器開発における信頼性設計のポイント
  ・機構部品・ユニット開発における信頼性設計のポイント
  ・FMEA(DRBFM)/FTAの重要ポイント12
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  ・ヒューマンエラーの科学的分析
  ・全数検査の見逃しをゼロにする
  ・画像検査装置等IT技術導入時の注意点
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法

(計画中)

ページトップ