新着情報

TOC理論に基づく製造業の生産性向上・リードタイム短縮対策:高崎ものづくり技術研究所

2019.11.12

TOC理論(制約条件理論)に基づく工場の生産性向上・リードタイム短縮の取組み

生産性とは「単位あたりの付加価値額」を意味します。付加価値額とは
売上金額から外部流出費用を引いた金額で表します。

「労働生産性」は社員一人当たり付加価値額を意味します。従って、単に生産
数量を増やしたり作業時間を短縮したりするのは「生産効率向上」であり
付加価値額が増えなければ「生産性向上」とは言いません。

付加価値額を増やすためには「売上額を増やすこと」と「外注費を減らすこと」
です。いづれにしても、それに見合う社内の生産能力は確保しておく必要が
あります。

第一章:工場の生産性向上・リードタイム短縮の取組み

第二章:TOC(制約条件理論)に基づく生産性向上対策
 ★TOCでどれだけ利益を出せるか?

第三章:スループット会計
  (赤字転落した工場の緊急対策とは?)


【キーワード】
 ★TOC(制約条件理論)【】 ★スループット(付加価値生産性)【
 ★ボトルネック工程【】 ★トヨタ式生産方式【
 ★受注生産工場の生産管理【】 ★MRPシステムの欠点【
 ★トヨタ式“ムダ取り”【】 ★スループット会計管理!【

ページトップ