新着情報

セミナー:8月29日(木)小ロットで利益を上げる製造業の働き方改革

2019.08.02

yjimage (1)

◆日程:8月29日(木)
 ◆会場:東京王子北とぴあ807会議室
 ◆講師:中小企業診断士 庄司厚生先生
 ◆時間:9:30~16:30
 ◆受講料:15,000円
 ◆お申し込みフォーム
   https://form.os7.biz/f/671c57a1/
   ★会員割引特典があります。受講料15,000円 → 10,000円 
    <会員登録フォーム>




 第一部:『中小製造業の営業活動』の基本
       
★目的
 儲けを出すための営業活動のあり方を理解する

★概要
 営業活動は儲けるための一丁目一番地、中小製造業はモノを作るのは長けて
 いるが、製品の価値を取引先に認めさせる営業活動には不慣れです。現在の
 営業活動における克服すべき課題の最重要ポイントを解説します。

★対象者
 経営者、工場長、営業部門スタッフ

★プログラム
Ⅰ 押さえるべき営業活動25のポイント
 1.基本事項の確認(ポイント1~6)
 2.取引先への行動(ポイント7~17)
 3.社内での行動(ポイント18~22)
 4.営業管理(ポイント23~25)

Ⅱ 中小製造業に適した簡素な原価管理システム
 1.原価確認の重要性
 2.個別原価計算の基礎とステップ
 3.算出した原価の活用

 第二部:作る前に品質対策(エラープルーフのしくみ)
       
★目的
 費用を掛けないで未然にトラブルを防止する品質対策を理解する。

★概要
 量産中にトラブルに見舞われ、納期遅れや材料ロスを生じたり、客先から
 のクレームで信用を失ってしまうとその損害ははかり知れません。
 量産前に、これだけはやっておくべき予防対策は何か?について解説します。

★対象者
 経営者、工場長、工程管理・品質管理スタッフ

★プログラム
1.エラープルーフのしくみとは
2.製造準備と生産立上げ手順
3.ヒューマンエラー予防策

 第三部:時間がお金に変わる生産性向上対策とは?

★目的
 流れを作って仕掛在庫(滞留)削減、全体最適化!生産性向上で省人化を推進
 「QCD」の目標達成と利益増大を図る

★概要
 多品種少量受注生産工場では、需要変動に追随して工場を効率良く運転しな
 ければならない。工場は、短納期対応、短リードタイム生産を実現する仕組み
 を構築するため、直接部門だけにとどまらず全部門で生産性の向上や品質の
 向上など、改善活動に取り組むことが必須となっています。

★対象者
 工場長、管理者、現場リーダー

★プログラム
1.利益(付加価値)と製造コストの関係
2.全体最適(スループット)の考え方
3.現場改善活動のステップ

ページトップ